業者とは依存関係にある女の子たちの実態

近年は簡単に出来るアルバイトとして、「援デリ」をする女の子たちが増えていると言われています。
これは、風俗とも違い、援助交際とも違い、新しい形の仕事として女の子たちの間では、水面下で出会い系サイトを介して行われている売春です。
しかし、この売春には業者が絡んでいて、業者が絡んでいるからこそ女の子たちは安心してこの売春を行う事が出来ると言われています。
何故業者が絡んでいると安心して売春が出来ると考えるのでしょうか。

■何故業者が絡むと安心なのでしょうか。

売春を行う女の子たちからしてみれば、自分たちのバックに業者が居る事で、初めて会う男性の前でいきなり売春をすると言うのはとても不安な事もあり、男性の中には女性を傷つける方もいるのではないかと言う恐怖心もあるのです。
そんな時に女の子たちにとって自分の身を守ってくれるのは業者の存在であり、また、出会い系サイトでのアカウント等も、業者の間ではNGな客としてリスト化されている事もあるので、予め危険を回避する事が出来るのです。
また、出会い系サイトで女の子たちが客を探す時には、一日にいくつものメールを送る事になります。
そのメールを送ると言う作業は楽ちんなように見えて客を選びながらの作業となるとなかなか大変なものになります。
初めから客を付けてもらう為にも業者の存在と言うのは非常に大きなメリットに繋がる事もあるのです。

■業者との間の依存関係は断ち切れないものがある

こうした状況で仕事をする女の子たちは、仕事が無いと困るし、業者としては女の子がいないと商売にならないと言う、依存した関係にあります。
業者によっては家出してきた女の子たちを業者が借りているマンションに格安で住まわせるような事もあると言われており、家出している女の子たちにとってはとりあえず安定した住居を確保出来ると言う事から「援デリ」にハマってしまう事も珍しい事ではないようです。
またこうしたマンションには複数人の女の子たちでシェアする事も多いと言われています。

関連記事

コメントを残す